効率よく筋肉をつけるために大切なこと4選

効率よく筋肉をつけるために大切なこと4選

筋トレをする際には効率はとても大事です。

 

 

ひたすら筋トレをし続けるよりも、効率の良いトレーニングの方が成果は出ます。
目に見えた変化がないとトレーニングを持続することは難しいです。だんだんモチベーションが下がっていきます。 

 

トレーニングの成果がなかなかでないという方は、今から紹介することをきっちり押さえましょう。

 

回数は10回前後程度にする

 

一つのメニューをこなす際の回数は10回前後が目安です。10回前後の回数をこなせる程度の強度のトレーニングをしましょう。

 

例えば、腹筋100回とかは無駄とは言いませんが、効率がかなり悪いです。それならば、重りなどで負荷を高めたほうが良いです。

 

つまり最適なメニューというのはその人によって異なります。

 

その人の筋肉量などでこなせる回数は変わってきますからね。
自分に合うトレーニングを探しましょう。筋肉量も増えてくるので、定期的にメニューを細かく調整する必要があります。

 

 

しっかり休憩を入れる

 

 

筋トレをした後は、その筋肉をきっちり休憩させましょう。
筋肉痛になっている状態でトレーニングをしても逆効果です。

 

 

筋肉を痛めたり体の使い方がおかしくなる可能性があるので、筋トレの後2,3日は休憩させましょう。

 

逆に期間を空けすぎるのも良くないです。
2,3日と書きましたが、筋肉痛が治ったら再開しても良いです。

 

筋肉の部位によっても筋肉痛の治りやすさが変わってくるので、体と相談しながらトレーニングをしましょう。

 

 

きちんと栄養を取ろう

 

 

筋肉を作っていくためにはタンパク質が必要です。

 

毎日3食以上をきっちり取らないと、トレーニングをしていても、筋肉を作る元が不足して成果は出ません。
炭水化物も取らないと、エネルギーを体内で作る際に筋肉が消費されていきます。

 

 

ですので、最低限のタンパク質と散水貨物は取るようにしましょう。

 

あまり食べることができないという人はプロテインがオススメです。
1日に取るべきタンパク質の量は結構多いです。

 

 

そのためにタンパク質不足を補えるプロテインは非常に有効です。
効率よく筋肉に必要な栄養を取るにはプロテインは不可欠です。

 

 

早寝早起きは筋肉の味方

 

筋肉が体内で生成されるのは主に睡眠中になります。

 

そのため、寝不足になっていては筋肉を作る時間がないので、
トレーニングの成果は出ません。少なくとも6時間は睡眠する必要があります。

 

 

そして、最も良いのは早寝早起きです。夜の10時から深夜2時まではゴールデンタイムです。
この時間に睡眠をとっておけると、最も効率よく筋肉を作ることができます。

 

仕事などでこの時間に眠ることは難しいと思いますが、できるだけ早く寝ましょう。同じ6時間でも効率はかなり変わってきます。

 

 

 

筋肉をつける際に、効率を重視しているかしないかで成果は全く異なります。
漠然と筋トレするのではなくて、メリハリをつけて取り組んでいきましょう。自分の理想の肉体になれるように紹介した要点を押さえてがんばりましょう。