脂肪を効率的に燃焼させる3つの意識すべきポイント

脂肪を効率的に燃焼させる3つの意識すべきポイント

 

体重を落としたいだけじゃない!
脂肪を燃焼させたい!
そしてかっこいい身体をつくりたい!

 

それには3つ意識すべきポイントがあります。

 

 

無酸素運動と有酸素運動を組み合わせる

 

 

無酸素運動と有酸素運動の違いを意識してトレーニングをすることで、
効率よく脂肪を燃焼させることができます。

 

 

 

無酸素運動とは腹筋やダンベル運動などの筋力トレーニングで基礎代謝を上げるためのものだと考えてよいでしょう。

 

 

基礎代謝とは運動等何もせず、じっとしているだけで消費されているエネルギーのことです。

 

 

基礎代謝が高いと消費カロリーが多いため太りにくい体をつくることができます。

 

有酸素運動は断続的に全身に負荷をかけ脂肪を燃焼させることがきます。
ウォーキングやランニング、水泳などがこれに当たります。

 

 

無酸素運動で作った筋肉を使い、有酸素運動で脂肪を燃焼させるイメージで、
両方を組み合わせることでより効率的な脂肪燃焼効果が期待できます。

 

 

有酸素運動は20分以上行った方が効果的ですが、時間がかかるし苦しいので苦手な方も多いと思います。

 

 

ジムで様々なマシンを利用する、数種類の有酸素運動を毎回ローテーションする、
音楽を聞いたり動画を見ながら運動する等、自分なりに飽きずに楽しめる方法を探してみてください。

 

 

アミノ酸を摂取する

 

 

スポーツドリンクやサプリメントの成分名に「アミノ酸」という文字を見かけたことはありませんか?
アミノ酸はたんぱく質を分解したもので、筋肉を作る、修復・回復するのに欠かせないものです。

 

 

特に運動の30分前にアミノ酸を摂取することで運動中に血中濃度をピークにもっていくことができます。
効率的にたんぱく質を摂取できるプロテインも最終的にはアミノ酸となり、体に吸収されます。

 

 

普段から食事が偏っていてたんぱく質の摂取量が少ないと自覚がある人には
ぜひ一度、プロテインを飲んでみて欲しいです。

 

 

筋肉だけではなく髪や爪もケラチンと呼ばれるたんぱく質でできています。
そのため、たんぱく質の摂取量を増やすことで髪にコシが出てきたり、爪がツヤツヤになったりする人もいます。

 

商品によってはビタミンが配合されているものや、大豆由来のソイプロテインもあるので、自分に合ったものを選ぶ楽しさもあります。

 

筋肉を増やしたいけどプロテインやサプリメントを購入するほどではない
、という人は普段の食事内容を見直してみることをお勧めします。

 

 

肉類や卵、牛乳などの乳製品はたんぱく質が多く含まれています。

 

 

ストレッチも筋トレの一部として取り入れる

 

 

運動の前後にストレッチをちゃんと行っていますか?

 

 

筋肉は付いてきたけど、身体は堅いまま…という人がいたら要注意です。

 

ストレッチを行うことでしなやかな体をつくり、怪我を防止できます。
それだけではなく普段あまり動かさない筋肉を動かすことで血行が良くなり、新陳代謝が上がって自然と消費カロリーが増えます。

 

 

老廃物もたまらずに流れるので疲れがたまりにくい体になります。ストレッチは「呼吸」を意識して行うことをお勧めします。

 

ヨガでも呼吸法はとても重要視されますよね。
呼吸を止めてしまうと筋肉は緊張状態になり、緩めるために行っているストレッチの効果が半減してしまいます。

 

 

時間に余裕がなくトレーニングを行えない日でもストレッチなら自宅で手軽にできます。
生活にうまく取り入れることで、毎日身体を動かすことを意識して行えるのも魅力の一つです。